ビューティ情報『お風呂のお湯は何日まで使い回せる?古いお湯が肌荒れの原因に?』

お風呂のお湯は何日まで使い回せる?古いお湯が肌荒れの原因に?

2018年10月11日 22:00
 

肌荒れの原因はお風呂のお湯の使い回し?

お風呂のお湯は何日まで使い回せる?古いお湯が肌荒れの原因に?


仕事で疲れた体を癒すお風呂。心身ともにリラックスできる大切な時間ですよね。湯船に溜めたお湯に体を入れれば、極楽極楽〜。

でもそのお湯、何日使い回したお湯ですか?

古いお湯に浸かると、肌荒れなどのトラブルを引き起こすとも言われていますが、実際に何日くらいまで使い回して良いのでしょうか?

毎日捨てるという人もいれば2日や3日使い回す人もいるでしょう。あまりに何日も使い回しすぎるとぬるぬるしたり、ニオイがしたりと明らかに衛生的ではありませんよね。

湯船にお湯を張ったばかりの状態のときは、1ミリリットルあたり数十個程度の雑菌しかいないと言われています。しかし、入浴後は数千にまで雑菌が繁殖し、翌日になると数万〜数百万にまで増えるのだとか!

しかもこれは1人の場合。入浴する人数が多ければ多いほど、雑菌はさらに増殖します。もちろん病気になるようなものではありませんが、とてもお肌に良いとは言えませんよね。

家計も助かる清浄剤!お湯の雑菌の増殖を抑えて肌トラブルを防ごう!

お風呂のお湯は何日まで使い回せる?古いお湯が肌荒れの原因に?


お風呂に入れるお湯の量は、およそ200リットル程度。一人暮らしで毎日毎日お湯を捨てるのは、家計的にもとても痛いですよね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.