ビューティ情報『不眠の救世主よ、教えて! ストレスを減らして睡眠を改善する方法【眠るための100のこと】』

2016年9月9日 22:45

不眠の救世主よ、教えて! ストレスを減らして睡眠を改善する方法【眠るための100のこと】

目次

・ストレスをつくるも無くすも自分次第
・セレクトしない。シンプルな暮らしは究極のストレス解消法
・心と体のストレスを減らして、ぐっすり眠れる体質に
不眠の救世主よ、教えて! ストレスを減らして睡眠を改善する方法【眠るための100のこと】


前編では、不眠の救世主、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生から、不眠のメカニズムについてお話をうかがいました。

食事や運動の改善など、心がけ次第ではできること。ただ、ストレスを減らすことだけは、自分ひとりが頑張ってもできないように思うのです。前編で先生も「ストレスは人から受けるもの」だとおっしゃっています。

ストレスをつくるも無くすも自分次第

20160908_sleep_01.jpg


「ストレスってね、人から受けるものでもあるんだけど、じつは自分でも作り出しているんですよ」(小林先生)

ええっ!? それはいったい、どういうこと? 自分で自分の首を絞めているということでしょうか。

「たとえば、疲れて帰ってきて、玄関の扉を開けて散らかっていたら、どう思います? 嫌な気分になりません? これも立派なストレスなんですよ。ふだんから散らかしている人は、そうやって毎日、ボディブローのように、自分でストレスを溜め込んでいるんです」(小林先生)

......う。我が家はリビングがまさにその状態。なにも言い返せません。

確かに、部屋をキレイに掃除すると、不思議と気分もスッキリして、心が軽くなったような感じがします。
知らないうちに、掃除することでストレスを軽減していたのですね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.