ビューティ情報『ダイエット中でもセーフ! 睡眠の質を上げるベッドタイム・スナック【眠るための100のこと】』

2016年9月23日 11:15

ダイエット中でもセーフ! 睡眠の質を上げるベッドタイム・スナック【眠るための100のこと】

目次

・ベッドタイム・スナックを選ぶ4つのポイント
・夜食の決め手は「トリプトファン」
・ダイエット中に選ぶ3つのベッドタイム・スナック
ダイエット中でもセーフ! 睡眠の質を上げるベッドタイム・スナック【眠るための100のこと】


寝る前なのに小腹がすいてしまった......。そんな夜は、食欲との戦いに苦しむ方が多いのでは?

「就寝前の食事はNG」というのは、もはや常識となっていますが、この常識が覆される研究結果が。寝る前でもルールにそった食べ方をすれば、睡眠の質に良い効果をもたらすのだそうです。欧米では「Bedtime snack(ベッドタイム・スナック)」と呼ばれており、一般的なことなのだとか。

深夜の作業が多いわたしにとって、グルメ記事は我慢の連続になりがち。お腹をグーグー鳴らしながら執筆していると、おいしそうな写真の誘惑につい負けてしまうことも。

就寝前の空腹でストレスをためないためにも、ベッドタイム・スナックの食べ方をぜひ覚えておきたいところです。

ベッドタイム・スナックを選ぶ4つのポイント

就寝前の食事は、何を食べるか、どう選ぶかかが重要です。眠りのことで悩む人が集まるサイト「Fuminners」では、ベッドタイム・スナックの選び方として以下の4つのポイントを紹介しています。

1. 200kcal以下に抑える

2. 炭水化物とたんぱく質をバランスよく摂取する

3. 脂質と糖質は避けるのが◎

4. カフェインを含むものはNG

「Fuminners」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.