ビューティ情報『香りを予想。アレッサンドロ・ミケーレが生んだグッチの新パルファム』

2017年6月13日 11:15

香りを予想。アレッサンドロ・ミケーレが生んだグッチの新パルファム

目次

・アレッサンドロ・ミケーレがもたらしたもの
・パルファムの内容や、いかに
・ヴェールに包まれた香り、予想どおりか否か
香りを予想。アレッサンドロ・ミケーレが生んだグッチの新パルファム


2017年5月、"『グッチ』の新香水8月に発売"のニュースが舞い込んできました。

ただの新製品ではありません。クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレが初めて監修する香りなのです。

アレッサンドロ・ミケーレがもたらしたもの

ラグジュアリーブランドのディレクター交代が続いていたここ数年の中で、2015年秋冬コレクションからグッチに就任したアレッサンドロ・ミケーレは鮮烈でした。ノームコア、ミニマリズムが主流だったファッション界のムードを一変させ、世間の度肝を抜いたのです。女性が男性の格好を、またその逆もありうる「ジェンダーレス」、特定の文化や時代からではなく、あらゆるジャンル・スタイルを集約的に形づくっていく「折衷主義」。2つの信念を掲げています。

性差も、時代によるテイストの違いも、西洋と東洋といった国による違いも、すべてを受け止め、融合させたファッション。装飾的すぎるという意見もゼロではないけれど、さまざまな文化に触れることのできる現代の象徴的な姿だと思いますし、ファッションって自由で楽しいんだ! ということを彼によって改めて気づかされました。

20170605_gucci_2.jpg

<グッチ ブルーム オードパルファム>50ml 10,800円、100ml 14,500円。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.