ビューティ情報『しっとりとサラリが共存。ベタつかないとろみ化粧水』

2017年7月1日 18:45

しっとりとサラリが共存。ベタつかないとろみ化粧水

目次

・手に取るととろり、肌に伸ばすとサラリ
・もちろん潤いも。こだわりの使い心地
・五感の喜びがなによりのスキンケア効果
しっとりとサラリが共存。ベタつかないとろみ化粧水


とろみがある化粧水って、保湿力が高そうな感じがするから好き。ただ、そのぶん浸透に時間がかかったり、ベタつきが残ったりするのが難点......でした、昨日までは。

わたしは今日、出会ってしまったのです。とろみがあるのに、肌に伸ばした瞬間溶けるようにサラリと浸透していく化粧水に。

手に取るととろり、肌に伸ばすとサラリ

その画期的な化粧水は、カネボウ「DEW」シリーズから2017年10月16日に発売される「DEW ローション」。「DEW」シリーズの化粧水はもともと「とろみ」に特徴がありますが、今回発売される新シリーズは、濃密な「とろみ」は保ちつつ、サラリとしたつけ心地を実現しています。

170630_dew_1.jpg


矛盾してますよね、「とろみ」と「サラリ」。でも、本当なんです。手にとった瞬間は「とろみ」があるのに、肌の上に伸ばしたら、その瞬間スーッと消えていき、サラサラでさわやかな触り心地が残るんです。

もちろん潤いも。こだわりの使い心地

これにはちゃんとロジックがあります。一般的なべたつくタイプのとろみ化粧水は、皮膚の凹凸部分に製剤がムラに残るため、浸透しにくくなり、いつまでもべたつきを感じます。そのためカネボウでは、皮膚の凹凸部分に製剤がムラに溜まらない構造のとろみ成分を開発したそうです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.