ビューティ情報『とれない40代の疲れ。疑うべきは「カルシウム不足」』

2017年9月23日 11:15

とれない40代の疲れ。疑うべきは「カルシウム不足」

目次

・どうしても疲労がとれない、そんなサインが出てきたら
・40代は、骨のことも真剣に考える。1日に必要なカルシウム量は
・カルシウムを吸収しやすい食べ方を
とれない40代の疲れ。疑うべきは「カルシウム不足」


最近、疲れがどうしてもとれない。イライラする。これは、もしや更年期障害のはじまりでは......と運動をし、睡眠時間をとり、カフェインを減らす生活スタイルにしていても、なかなか調子が上がりません。

そんなときに、ある記事を目にしました。

どうしても疲労がとれない、そんなサインが出てきたら

疑っていいのは、「カルシウム不足」。

女性は、身体の不調といえば更年期障害や貧血などに目がいきがちですが、じつは、このカルシウム不足も気をつけなければならないことのひとつなのです。

以下の兆候をみてください。

・ 極度の疲労
・ 落ち込み
・ 不安感
乾燥肌
・ 髪のパサつき
・ 爪が割れやすい

「UHN Daily」より翻訳引用

これらは、カルシウム不足の兆候。更年期の症状と似ていますよね。もちろん、カルシウム不足といえば、骨折しやすい、虫歯になるなどのわかりやすいものから、胸の痛み、発作、白内障、骨粗鬆症などのシリアスな症状まであります。

でも、疲れやすさや気分の落ち込み、乾燥肌などもカルシウム不足が原因だったなんて......なかなか気づかないと思います。放っておいたら、ずっと不調が続き、やがて大病につながる、なんてことにもなりかねません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.