ビューティ情報『食事で怒りは抑えられる。エリカ・アンギャルさん直伝「キレない食事」』

2017年10月31日 06:45

食事で怒りは抑えられる。エリカ・アンギャルさん直伝「キレない食事」

トランプ氏はジャンクフード好きで有名ですからね。

日本はトランス脂肪酸の表示義務がないため、商品のパッケージを見てもチェックできません。マーガリンやショートニング、加工植物油脂、植物油脂といった記載があれば、トランス脂肪酸が含まれている可能性があります。

睡眠不足とスナック菓子の怖い関係

20171031_erica_angyal_5.jpg


問題は、トランス脂肪酸が含まれる食べ物は「おいしい」ということ。サクサクの食感や、クリーミーさを出すことができるので、「おいしい」と感じやすいのです。

日本人女性は世界的に見ても睡眠時間が少ないのですが、じつは睡眠不足のときほど、トランス脂肪酸入りの食べ物への欲求が高まるといわれています。徹夜中にスナック菓子を食べたくなったり、寝不足の朝にふわふわのパンを食べたくなったりするのはそのせいです。

睡眠不足と食生活の乱れが「怒り」につながるということは、ぜひ覚えておきたいことのひとつ。これはもう、日本人女性の怒りを生み出すレシピになっているといってもいいと思います。

「キレない食事」はこう作る

食生活でイライラを改善するには、朝ごはんと昼ごはんがとても大切。とくに朝食は、しっかり摂ると気分が安定し、集中力が高まり、痩せやすい体を作ってくれます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.