ビューティ情報『痩せた自分を想像? ダイエット中「空腹時」のごまかしかた6つ』

2019年6月28日 09:00

痩せた自分を想像? ダイエット中「空腹時」のごまかしかた6つ

目次

・炭酸水を飲む
・ガムを噛む
・夜だったらさっさと寝る
・食事をしたあとはすぐ歯磨き
・痩せて可愛くなった自分を想像する
・温かい飲み物を飲む
痩せた自分を想像? ダイエット中「空腹時」のごまかしかた6つ


ダイエットを始めると、完食を減らしたり食事の量を減らしたりするので、どうしてもお腹が空いてしまうことがしょっちゅう。しかしここで食べてしまうと、せっかくの努力も水の泡に……。そこで今回は女子たちが実践している、ダイエット中にお腹が空いた時のごまかしかたを調査してみました。

炭酸水を飲む

痩せた自分を想像? ダイエット中「空腹時」のごまかしかた6つ


炭酸水を飲むと胃が膨らむので、脳が「お腹いっぱい」と勘違いしてくれるのです。ただし、冷たい炭酸水を飲んでしまうと胃を刺激してしまい食欲をアップさせてしまうこともあるので、常温の炭酸水を飲むのがおすすめ。

ガムを噛む

噛むことによって満腹中枢が刺激されることはみなさんも知っていますよね。たくさん噛むと少量のごはんを食べただけでもお腹が一杯と感じることができます。そこで、「ちょっと小腹が空いたなあ」「口さびしいなぁ」と感じる時にはガムを噛むこと。そうすることでちょっとくらいの「お腹空いた」は解決できます。

夜だったらさっさと寝る

だらだらと起きていると、だんだんお腹が空いてきて「ちょっと食べちゃおうかな」という気持ちになってしまいがち。ということで、必要もないのにだらだらと夜更かしするのはやめて、夜になったらさっさとベッドに入ってしまうのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.