ビューティ情報『子どものお友だちがADHDだと知ったら、どう接すればいいの?』

2016年4月1日 21:00

子どものお友だちがADHDだと知ったら、どう接すればいいの?

目次

・子どものADHDとはどのようなことか、教えてください
・ADHDの子どもの周囲にいる大人は、何か協力できますか?
・お友だちがADHDと知ったら、自分の子どもにも伝えたほうがいいですか?
・【医師からのアドバイス】
子どものお友だちがADHDだと知ったら、どう接すればいいの?

最近、知名度ががってきたADHDという発達障害。
もし保育園や幼稚園、学校に通う子どものお友だちがADHDだと診断されたと知ったら、周りの大人はどのように行動すればいいのでしょうか?

今回は、周りにいる子どもがADHDと診断されたと知った場合について、医師に話を聞きました。

子どものADHDとはどのようなことか、教えてください

子どものADHDとは、以下のような行動が現れます。
・不注意であること
・多動であること
・衝動性が強いこと
など

行動に加え、その子どもが暮らす2つ以上の状況下(例えば保育園や小学校などと自宅など)であらわれる場合、子どものADHDと疑われることが多いです。
そのため、自宅では落ち着きがないけれども、学校では集中力を保っていて問題がない、といったケースでは通常ADHDの診断基準には当てはまりません。

ADHDの症状は大きく3つのパターンに分けることができます。
・不注意であることが目立つ群
・多動・衝動性の目立つ群
・それらが混合している群

ADHDの子どもの周囲にいる大人は、何か協力できますか?

周囲にいる子どもがADHDと診断された場合、その子との距離・関係によって気をつけるポイントは異なります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.