ビューティ情報『海外旅行を安全に楽しむために…気をつけるべき「感染症」とは?』

2016年7月28日 20:30

海外旅行を安全に楽しむために…気をつけるべき「感染症」とは?

目次

・海外で気をつけたい「食べ物・水を介した感染症」とその症状とは?
・海外で気をつけたい「蚊を介した感染症」とその症状とは?
・海外で気をつけたい「寄生虫や植物を介した感染症」とその症状とは?
・海外で気をつけたい「動物を介した感染症」とその症状とは?
・海外で気をつけたい「人を介した感染症」とその症状とは?
・そのほかに、海外で気をつけたい感染症とその症状とは?
・海外へ行く前に、受けておくべき予防接種はありますか?
・最後に医師からアドバイス
海外旅行を安全に楽しむために…気をつけるべき「感染症」とは?

海外には、日本とはさまざまな環境の違いがあります。だからこそ、海外旅行は楽しいものですが、危険もつきものですね。

今回は、海外旅行先で気をつけたい、さまざまな感染症と、その症状について、医師に詳しい話を聞いてみました。

海外で気をつけたい「食べ物・水を介した感染症」とその症状とは?

海外で気をつけたい食べ物・水を介した感染症は、以下の2つです。

・感染性胃腸炎
・A型肝炎・E型肝炎

特に感染性胃腸炎には要注意です。

1.感染性胃腸炎
感染性胃腸炎の症状は、下痢・腹痛・嘔吐等の消化器症状、そして発熱です。
特に気をつけたいのが、以下の強い症状です。

・便に血液が混じっている
・激痛である腹痛
・お腹を押した時より離した時の方が痛い
・痛みでお腹が硬くなる
・高熱

2.A型肝炎・E型肝炎
汚染された水から感染します。
両方とも、全身の倦怠感、食欲不振などの風邪に似た症状で、自然によくなることが多いです。

また、急性肝炎を発症すると、以下の症状がみられます。

・白眼が黄色くなる
・尿の色が濃くなる
・黄疸

こうなると「劇症肝炎」になることがありますので、受診した方が安全です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.