ビューティ情報『妊娠20週までは風疹感染に要注意 母親たちが作った1冊の絵本』

2016年9月7日 22:30

妊娠20週までは風疹感染に要注意 母親たちが作った1冊の絵本

目次

・風疹の原因、症状、感染経路
・妊娠中の風疹が赤ちゃんに与える影響
・先天性風疹症候群(CRS)
・風疹とはしか(麻疹)との違い
・風疹の抗体検査・予防接種
・妊娠中に予防接種を受けられる?
・お父さんが風疹の予防接種を受けるべき理由
・医師からのアドバイス
妊娠20週までは風疹感染に要注意 母親たちが作った1冊の絵本

2016年9月2日(金)に報道されたニュースにて、妊娠20週くらいまでに風疹に感染したことによって、お腹の赤ちゃんが障害を負ってしまったお母さんのグループが、風疹の怖さを伝える絵本を作成したことが話題に上っておりました。

ワクチンで感染を防ぐことが可能なことや、女性だけでなく男性もワクチンを受け、流行を防ぐことが大切であることなどを描いて、医療機関などにおいてもらう活動をしているということです。

今回は妊娠中の方には特に注意していただきたい「風疹」や「先天性風疹症候群」について、症状や予防接種の方法について医師に解説をしていただきました。

風疹の原因、症状、感染経路

原因
風疹ウイルスの感染によって起こります。

症状
発熱やリンパ節の腫れ、発疹を特徴とします。大人の場合は症状が麻疹に似ることもあります。

感染経路
感染した人の咽頭から出る液に病原体が含まれ、接触感染または飛沫感染します。

妊娠中の風疹が赤ちゃんに与える影響

赤ちゃん

妊婦さんが妊娠20週くらいまでに風疹に感染してしまうと、妊婦さんの身体を通じて赤ちゃんに風疹のウイルスが感染してしまい、赤ちゃんの心臓や目、耳などに障害が出る場合があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.