ビューティ情報『【胃腸風邪】症状・感染予防対策&自分でできる応急処置まとめ』

2016年10月29日 09:00

【胃腸風邪】症状・感染予防対策&自分でできる応急処置まとめ

目次

・胃腸風邪の感染経路
・胃腸風邪の主な症状とは?
・胃腸風邪の潜伏期間と予防策!
・胃腸風邪になってしまった時の対処法!
・胃腸風邪にならない体力をつける
・規則正しい生活が胃腸風邪から身を守る鍵!
【胃腸風邪】症状・感染予防対策&自分でできる応急処置まとめ

胃腸風邪という言葉を聞いたことがありますか?感染性胃腸炎とは異なる、風邪の症状を持った病気です。

この胃腸風邪になったときには、どのような対策が必要になるのでしょうか。胃腸風邪になってしまった時の対処法も含めて考えてみましょう。

要チェック項目
□胃腸風邪と感染性胃腸炎は違う病気
□病気の潜伏期間と症状を知れば対策が可能
□胃腸風邪になったときは食べ物を摂取しない

胃腸風邪の感染経路

胃腸風邪は感染性胃腸炎とも言われ、ウィルスの種類は「ノロウィルス」「ロタウィルス」「アデノウィルス」などがあります。

主な感染経路は以下になり、密閉された空間では一気に感染が拡大する恐れがあります。

感染経路
・ウイルスが付着した生ガキやホタテなどを食べた
・感染した人が調理したケース
・感染者の便・嘔吐物などを手で触ったことによる二次感染
・人から人に感染したケース

もちろんこれ以外のケースも考えられ、胃腸風邪になる可能性はどこにでもあるという事が言えるでしょう。

胃腸風邪の主な症状とは?

胃腸風邪の主な症状として挙げられるものには、吐き気や嘔吐・下痢などが挙げられます。もちろんこれだけだと、他の病気との境目が分かりませんよね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.