ビューティ情報『突如発覚した乳がんのしこり...小林麻央さんが後悔した検査の遅れ』

2016年9月17日 21:00

突如発覚した乳がんのしこり...小林麻央さんが後悔した検査の遅れ

目次

・自分で触って分かるしこりの特徴と大きさ
・しこりの具合から見る乳がんの進行
・乳がんの進行のスピード
・しこりからみる良性・悪性の違い
・小林麻央さんが後悔する検査の2カ月遅れ
・乳がん早期発見の為に
・乳房にしこりを発見したら...
・医師からのアドバイス
突如発覚した乳がんのしこり...小林麻央さんが後悔した検査の遅れ

2016年9月13日(火)から14日(水)に更新された乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さんのブログでは、しこりが発覚したこと、後悔のことが語られていました。

息子さんと遊んでいる最中に気がついたしこり、後回しにしてしまった検査、発覚した時のショックの様子が綴られておりました。

今回は「小林麻央さんがしこりに気がついたときの様子」について、医師に解説をしていただきました。

自分で触って分かるしこりの特徴と大きさ

突如発覚した乳がんのしこり...小林麻央さんが後悔した検査の遅れ

乳がんのしこりは、ごく早期のがんであれば、あるかないかわからない場合もありますが、典型的には石のようにかなり硬いといわれ、痛みはない場合がほとんどです。

しこりの大きさが1㎝を越えてくると、自覚する人が出てきて、2㎝を越えると多くの方がしこりに気づきます。

しこりの具合から見る乳がんの進行

突如発覚した乳がんのしこり...小林麻央さんが後悔した検査の遅れ

乳がんのステージ分類では、乳がんのしこりが2㎝以下であるか、あるいは2~5㎝以内であるか、リンパ節転移があるかないか、遠隔転移があるかないかといったことを基準に進行度が決められ、これらによって予後も異なってくると考えられます。

乳がんの進行のスピード

乳がんの進行のスピードは、ケースバイケースです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.