ビューティ情報『親知らずを早期に抜歯する5つのメリット 年齢を重ねるほどハイリスクに』

2016年10月25日 07:00

親知らずを早期に抜歯する5つのメリット 年齢を重ねるほどハイリスクに

目次

・親知らずって一体なに?
・早く抜くほどリスクが低い!
・抜歯することで得られる5つのメリット
・腫れや痛みのピークは?
・気をつけたい、抜歯後の食事
・まだ抜いてない…それなら一度医者さんへ
親知らずを早期に抜歯する5つのメリット 年齢を重ねるほどハイリスクに

「痛い」「怖い」という理由で親知らずの抜歯を避けている方も多いのではないでしょうか?

親知らずは人によってさまざまな生え方をしているので、きちんと歯磨きをしていてもキレイに磨ききれない部分があり他の歯に影響してしまうこともあります。

そこで今回は、親知らずの抜歯についての基礎知識やリスクといつまでも隣り合わせでいるよりも、スパッと抜歯してししまいたくなるメリットを合わせてご紹介します。

要チェック項目
□年齢を重ねるほど、親知らずがもたらすリスクが高い
□親知らずを抜歯することで得られるメリットもある
□抜歯後の痛みや腫れはうまく付き合うことで最小限に抑えられる

親知らずって一体なに?

漢字では「親不知」と書く、「親知らず」。大臼歯の一番奥に生えてくる第3大臼歯のことで、18歳から20歳のころに生えてくることから別名「18歳臼歯」とも言われています。

ただ、人によっては先天的に存在していないケースもあり、必ず生える歯ではないのです。

また、生えてきたとしてもすでに生えている歯で顎のスペースがいっぱいなので、横向きや斜めなど思わぬ方向に生えてしまい他の歯に悪影響をあたえることもしばしばあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.