ビューティ情報『トランスジェンダーとは 〜 多様な性自認や性同一性障害との違い 〜』

2016年11月6日 19:30

トランスジェンダーとは 〜 多様な性自認や性同一性障害との違い 〜

目次

・トランスジェンダーとは?
・トランスジェンダーと性同一性障害との違い
・トランスジェンダーの多様な性自認
・トランスジェンダーであることと性的指向は関係ない
・トランスジェンダーも気持ちが変化することも
・トランスジェンダーのこれから
トランスジェンダーとは 〜 多様な性自認や性同一性障害との違い 〜

近年、LGBTという言葉を目にする機会が増えました。レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略です。多くの人にとってこの中で一番聞き慣れない単語…それはおそらくトランスジェンダーではありませんか?

今回はそんなトランスジェンダーの「グラデーションな性のあり方」を説明します。

要チェック項目
□生まれた時の性別と、自分で認識している性別が異なる人のこと
□トランスジェンダーと性同一性障害は似ていますが同じではありません
□一口にトランスジェンダーといってもその性のあり方はさまざまです

トランスジェンダーとは?

トランスジェンダーという言葉の意味から見ていきましょう。

トランスジェンダー(Transgender)は、ラテン語で「乗り越える」や「逆側に行く」を意味する「トランス」という言葉と、英語で「社会的性別」を意味する「ジェンダー」との合成語です。

ここから直訳すると「逆側に行く性」「性を乗り越える」といった意味になります。

一般的には、生まれた時の性別と自分で認識している性別が異なる人のことを意味します。

テレビでオネエタレントなどと呼ばれる人々が活躍していますし、こういった人々に対する理解も現代では進んできているのかもしれません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.