ビューティ情報『リンパ腫ってどんな病気? あやしいしこりをみつけたら病院へ!』

2016年11月25日 14:30

リンパ腫ってどんな病気? あやしいしこりをみつけたら病院へ!

目次

・リンパ腫とは
・リンパ腫の種類
・リンパ腫の症状とは?
・リンパ腫の発見方法
・リンパ腫に予防法ってあるの?
・とにかくしこりを見つけたら病院に
リンパ腫ってどんな病気? あやしいしこりをみつけたら病院へ!

リンパ腫という病気を知っていますか? 一言でいうと血液のがんです。ただ、癌よりも非常に厄介であり、良性腫瘍は存在しておらず、すべて悪性になってしまうのです。

そこで今回は、リンパ腫について詳しくご紹介したいと思います。

要チェック項目
□リンパ腫には悪性しかない
□初期のしこり段階では痛みがない
□リンパ腫の予防方法は確立されていない

リンパ腫とは

リンパ腫というのは、別名悪性リンパ腫とも呼ばれています。

悪性という名前があるのに、なぜリンパ腫とも呼ばれるのかというと、リンパ腫には悪性しかないためわざわざ悪性とつける必要がないからといわれています。

リンパ腫は血液の病気であり、その中にあるリンパ球が通常ではありえないくらい異常に増殖することにより、リンパ節が腫れたり体にしこりができてしまう病気です。

悪性の腫瘍と聞いて命の危険に脅かされるのではないかと思ってしまいますが、治療法というのはある程度確立されています。

そのため、早期に適切な治療を行うことで完治することも不可能ではありません。また、悪性リンパ腫にはいろいろな病型があります。

病型によって治療の方法やその効き具合が変わってきますので、しっかりと医師の診断を仰ぎましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.