ビューティ情報『A群β溶連菌感染症は大人もかかる? 基礎知識と成人に見られる症状』

2016年10月21日 18:00

A群β溶連菌感染症は大人もかかる? 基礎知識と成人に見られる症状

目次

・A群β溶連菌感染症とはどのような疾患なのでしょうか?
・A群β溶連菌感染症の症状にはどんなものがあるのでしょう?
・大人が溶連菌感染症に罹った場合どんなリスクがある?
・A群β溶連菌感染症の治療はどのように行われますか?
・A群β溶連菌感染症になった場合に家庭で気をつけること
・普段から体調管理をしっかりしましょう
A群β溶連菌感染症は大人もかかる? 基礎知識と成人に見られる症状

A群β溶連菌感染症って聞いたことありますか? 小さいお子さんのいらっしゃる家庭だと、一度は誰かが罹ったことがあるかもしれません。

一般的に子供に見られる疾患ですが、大人も罹るのでしょうか。また、その場合の症状とは?

要チェック項目
□A群β溶連菌感染症は大人も罹ることがある
□A群β溶連菌感染症は合併症が怖い病気である
□予防するには体調管理が大事である

A群β溶連菌感染症とはどのような疾患なのでしょうか?

一般的に風邪といった場合、その原因はほとんどがウィルスであると言われています。毎年冬になると大流行するインフルエンザもウィルス性の疾患であることはよく知られていることと思います。

インフルエンザと同じような時期に罹りやすい溶連菌感染症は、普通の風邪とは違って、細菌感染によって起こる疾患です。

特に子供がかかることの多い疾患として有名ですが、場合によっては大人にうつってしまうこともあります。溶連菌は細菌による感染症ですが、溶連菌は正確には溶血性連鎖球菌と呼ばれています。α溶血とβ溶血を呈する2つの種類があり、人に感染するのはβ溶血の、A群、B群などです。

そして、溶連菌感染症の多くが、A群によるものといわれています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.