ビューティ情報『思い込みがあなたの薬になる?脳が勘違いしてしまう「プラシーボ効果」』

2016年9月30日 16:30

思い込みがあなたの薬になる?脳が勘違いしてしまう「プラシーボ効果」

目次

・プラシーボとは
・プラシーボの事例
・プラシーボの逆「ノーシーボ」
・ノーシーボの事例
・プラシーボやノーシーボが起こる脳のメカニズム
・医師からのアドバイス
思い込みがあなたの薬になる?脳が勘違いしてしまう「プラシーボ効果」

お笑い芸人ダチョウ倶楽部上島竜兵さんは、お酒の席でウーロン茶をウーロンハイと勘違いした結果、ウーロン茶で酔っぱらってしまったそうです。

実はこれは「プラシーボ効果」と呼ばれるもので、脳の思い込みによって実際に体に変化があらわれてしまうことがあると言われています。

今回はこの不思議な「プラシーボ効果」について、医師に解説をしていただきました。

プラシーボとは

偽薬のことで、実際には効果のある成分は含まれていないのに、あたかも効果的な薬であるかのように思わせる目的で投与される薬のことをいいます。

この「プラシーボ」の語源は、ラテン語で「I shall please」(わたしは(誰かを)喜ばせるでしょう」という言葉からきているということです。

プラシーボの事例

偽の薬を効果があると投与
例えば、乳糖などを頭痛や腹痛、その他の症状に効果が高い薬ですよ、と言って服用させます。一部の患者さんでは「非常によく効いた」「すっきり治った」といった効果がある場合があります。

ノンアルコールなのに、アルコールであると偽り飲ませる
アルコールだと思い込んで飲むことで、実際にはノンアルコールなのに酔ってしまうことがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.