ビューティ情報『妊娠時のつわりが流産リスクを減らす!? 吐き気は胎児を守る大事な役割』

2016年9月29日 16:24

妊娠時のつわりが流産リスクを減らす!? 吐き気は胎児を守る大事な役割

目次

・つわりが流産リスクを低減するメカニズム
・つわりが胎児に良い影響を与える!?
・つわりになると吐き気がするのはなぜ?
・流産、死産の原因
・妊婦さんが食べてはいけないもの
・医師からのアドバイス
妊娠時のつわりが流産リスクを減らす!? 吐き気は胎児を守る大事な役割

2016年9月26日(月)米国における研究で妊娠時にみられるつわりの症状のうち、嘔吐や吐き気があった妊婦さんは流産のリスクが有意に少ないということが報告されました。

797人の女性を対象に研究を行ったところ、つわりにおける吐き気や嘔吐が、流産や死産などの妊娠損失リスクを50~75%低下させていたことに関連していたそうです。

そこで今回はこの研究のメカニズムについて、医師に解説をしていただきました。

つわりが流産リスクを低減するメカニズム

今回の研究結果から、つわりによる嘔吐や嘔気が赤ちゃんを保護する可能性があるということが判明したということです。

そのメカニズムとしては、嘔吐や嘔気で食事量が減ることが赤ちゃんが毒素にさらされる危険性を減らす、といった可能性が考えられているようです。

つわりが胎児に良い影響を与える!?

血中インスリン濃度を低下
インスリンは血糖値を下げるホルモンですから、インスリンが分泌されすぎてお母さんが低血糖になってしまうと赤ちゃんにいきわたる栄養にも悪影響を与える可能性が考えられますね。

胎盤の成長を促進
胎盤は赤ちゃんに栄養を与える基盤となるものですので、しっかりと安定した胎盤があることは赤ちゃんの元気な成長に欠かせないものです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.