ビューティ情報『重症化すると危険!とびひの種類別の治療法とケア』

2016年11月27日 08:00

重症化すると危険!とびひの種類別の治療法とケア

目次

・とびひの種類
・水疱性膿痂疹の治療
・痂皮性膿痂疹の治療
・重症化するとびひ
・とびひを悪化させないために気を付けたいこと
・とびひは日頃のケアで予防しましょう
重症化すると危険!とびひの種類別の治療法とケア

とびひは皮膚に細菌が感染して起こる症状です。症状が周囲に広がったり、血液中に細菌が入ると敗血症や腎障害などを起こして重症化するので早期の治療と症状を悪化させないためのケアが大切です。

とびひの治療とケアについてみていきましょう。

要チェック項目
□とびひには水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹がある
□とびひの治療は抗生物質の塗り薬と内服薬で行う
□とびひは悪化させないためとならないためのケアが大切

とびひの種類

重症化すると危険!とびひの種類別の治療法とケア

とびひは伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、黄色ブドウ球菌や溶連菌が感染して、皮膚に水ぶくれができて赤くただれたり、赤く腫れて膿疱ができ、かさぶたが生じる症状がみられます。

水疱性膿痂疹
虫刺されやあせも、転んでできた傷などを引っかいた時に、黄色ブドウ球菌に感染すると、皮膚に水ぶくれが生じて、その周りが赤くなります。

黄色ブドウ球菌は人間の鼻の穴の中などに住んでいて、鼻を触った手で傷を触った時などに感染します。

水ぶくれが破れて、中の浸出液が他の部位について広がったり、皮膚どうしが接触した時に細菌が付着してうつることもあります。

虫刺されやあせもができやすい夏に、皮膚を掻き壊して傷をつくってしまう子供によくみられるとびひです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.