ビューティ情報『【ドクターX】シーズン4放送 3Dプリント脊椎骨移植手術は実際に行われていた!』

2016年10月4日 17:21

【ドクターX】シーズン4放送 3Dプリント脊椎骨移植手術は実際に行われていた!

目次

・ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」あらすじ
・病院に属している医者とフリーランスの医者
・ドラマ内で取り扱われる脊索腫とは
・脊索腫が治療が困難と言われている理由
・オーストラリアで実際にあった「世界初の3Dプリント脊椎骨移植手術」
・医師からのアドバイス
【ドクターX】シーズン4放送 3Dプリント脊椎骨移植手術は実際に行われていた!

2016年10月13日(木)より米倉涼子さん主演のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の新シリーズが放送開始されます。

フリーランスの外科医として「私、失敗しないので」といった決め台詞を放つ大門未知子がかえってくるということで、早くも話題を呼んでおります。

今回はこの医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」について、医師に解説をしていただきました。

ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」あらすじ

ニューヨークに訪れたフリーランスの天才外科医・大門未知子米倉涼子)の前で妊婦が突然倒れ、久保東子泉ピン子)が掃除婦として働いているという病院へ患者を運び、的確な処置で命を救う。

その矢先、未知子に隠ぺい行為や医療ミス、派閥争いなどで評判が悪い「東帝大学病院」から声がかかる。そこは未知子の宿敵・蛭間重勝西田敏行)が、新院長の座を奪取したばかりで、未知子は不本意ながらも乗り込んでいくことに。

そんな中、脊索腫を患ったIT社長・一木淳(渡辺大知)のオペが、東帝大学病院で実施されることになる。未知子は自分に切らせろと手を挙げるが、スーパードクター・北野亨滝藤賢一)は一歩も譲らず、日本初の3Dプリントパーツを使った脊椎手術”を実行しようとする。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.