ビューティ情報『非常に珍しい乳がん「パジェット病」 乳房のかゆみには症状のあらわれかも』

2016年10月8日 20:30

非常に珍しい乳がん「パジェット病」 乳房のかゆみには症状のあらわれかも

目次

・パジェット病
・パジェット病の原因
・パジェット病の症状
・パジェット病を放置してしまうと起こりうる危険性
・パジェット病の検査方法
・パジェット病の治療方法
・医師からのアドバイス
非常に珍しい乳がん「パジェット病」 乳房のかゆみには症状のあらわれかも

パジェット病を初めて聞いた、ってかたも多いのではないでしょうか。非常に珍しい乳がんであり、乳がん全体の1%程といわれています。

しこりができないゆえに皮膚病と勘違いしてしまう場合も多いですが、放置しておくと病変してしまう危険性もあります。

そこで今回は「パジェット病」の正しい知識を皆さんに知ってほしい!と思い、医師に解説をしていただきました。

パジェット病

汗を産生する器官に由来する細胞ががん細胞化してしまう表皮内がんの一つです。この癌が真皮にまで進行するとパジェット癌と呼ばれます。

パジェット病には乳頭および乳頭に生じる乳房パジェット病と、わきの下や陰部に生じる乳房外パジェット病があります。60歳以上の高齢者に多いといわれます。

パジェット病の原因

はっきりしたパジェット病の原因は不明であるといわれています。

パジェット病の症状

乳房パジェット病
・ 乳頭や乳輪にかさぶたができたりじくじくしたりする

・ 乳頭や乳輪に境界のはっきりした紅斑ができる

・ 乳頭や乳輪にかゆみが出たり痛みが出る

・ 多くの場合片側のみである

乳房外パジェット病
・陰部や脇に赤みが出る。

・かゆみが出てかさぶたができることもある

・赤い部分以外に白っぽくなったり茶色っぽくなったりする。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.