ビューティ情報『【英】ニキビに悩んだ人は肌が老化しない?鍵を握る「テロメア」の正体』

2016年10月6日 18:09

【英】ニキビに悩んだ人は肌が老化しない?鍵を握る「テロメア」の正体

目次

・テロメアとは
・今回行われた2つの実験
・実験結果から判明したこと
・過去におこなわれたテロメアに関する実験
・テロメアは今後どのような影響を与える?
・医師からのアドバイス
【英】ニキビに悩んだ人は肌が老化しない?鍵を握る「テロメア」の正体

2016年10月4日(火)英国の皮膚科学者シモーヌ・リベロ率いる研究チームが、「若いころニキビに悩んだ人は肌の老化が遅いかもしれない」といった研究内容を発表しました。

若い時にニキビで悩んだ人は、白血球のテロメアと呼ばれるDNAのキャップ構造にあたる部分が長い場合があり、このことによって細胞が老化しにくくなっていつまでも若いお肌を保てる可能性がある、というものです。

今回焦点となる「テロメア」とはいったいなんなのか、この研究ニュースについて医師に解説をしていただきました。

テロメアとは

染色体の端の部分にある構造で、細胞が分裂するたびに短くなっていくと考えられています。

このテロメアが一定以上短くなってしまうともう細胞は分裂できなくなることから細胞の寿命を規定するものと考えられています。

今回行われた2つの実験

実験1
女性の双子1205人のテロメアの長さを測定

実験結果
ニキビを患ったことのある人の方がテロメアが長い傾向があった

実験2
ニキビの経験がある人とない人のグループで、同じ年齢の人の皮膚生検を実施

実験結果
ニキビの経験がない人のグループは細胞死にかかわる遺伝子が活発に動いていた

実験結果から判明したこと

これらの実験結果から、ニキビに悩まされたことのある人は、遺伝子の影響によって若々しいお肌が保ちやすい可能性があることが判明しました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.