ビューティ情報『差し歯とインプラントの違いは? 素材によって変わる治療費を知りたい!』

差し歯とインプラントの違いは? 素材によって変わる治療費を知りたい!

2016年10月30日 17:30
 

目次

・「差し歯」とは何か?
・差し歯とインプラントとの違い
・差し歯の素材による違い①レジン
・差し歯の素材による違い②セラミック
・差し歯が取れたり折れたりしたら
・差し歯はもっとも身近な歯の治療法
差し歯とインプラントの違いは? 素材によって変わる治療費を知りたい!

あなたは差し歯とインプラントの違いについて理解していますか?

また、その素材によっても治療費が大きく変わることをご存知でしょうか?

今回は、意外と知られていない差し歯についてご紹介していきます。

要チェック項目
□差し歯は保険適用内、インプラントは保険適用外
□差し歯であっても保険適用外の素材もある
□差し歯が取れたら早めに受診する

「差し歯」とは何か?

虫歯や歯周病がある程度進行したとき、その程度によって治療方法も大きく変わってきます。中でも差し歯はもっともポピュラーな治療方法のため、多くの人が一度は耳にしたことがあると思います。

差し歯によって治療ができるのは、歯の根元が残っている場合に限ります。残った歯の根元に被せ物をして、歯の機能を維持させるものです。

歯の根元まで侵食され、抜歯しなければならなかったり、すでに歯ぐきしか残っていないような場合には差し歯による治療はできず、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの方法によって治療する必要があります。

差し歯とインプラントとの違い

よく勘違いされるのが、差し歯とインプラントの違いについてです。

インプラントは歯の根元が残っていない場合に、人工歯根を骨に直接埋め込み、そこに歯を入れる治療方法です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.