ビューティ情報『気になる歯並びをどうにかしたい!歯の矯正のメリット・デメリット』

2016年11月10日 12:00

気になる歯並びをどうにかしたい!歯の矯正のメリット・デメリット

保定期間中はしっかりと保定をしなければ、治療できれいに並んだ歯が後戻りしてしまいます。

保定には、保定装置を取り付ける場合と歯に針がね装置を取り付ける方法と歯に針がねを張り付ける方法が一般的です。数か月に1回程度で1~2年と保定期間があります。

矯正による痛みや苦痛
なんの痛みを感じずに矯正治療を終えられたという人から、痛みがひどくて大変だったという人まで痛みの感じ方は多種多様ですが矯正治療を開始してから4時間ぐらいから次第に痛みを感じることがあります。

これは、矯正によって歯を動かされるために痛みを感じます。

その他では、食べ物を噛んで痛かったり、装置が当たって痛かったり、あとはほっぺたを噛んで痛かったりしますが、ピークは治療開始2週間のようです。歯が動いて本来あるべき位置に移動するので、かみ合わせが安定するまでは少し大変なようですね。

歯の矯正の治療方法

歯の矯正といってもその治療法は数種類もあります。インプラント矯正、ワイヤー矯正、舌側矯正(歯の裏側の矯正)、クイック矯正など種類が豊富です。

インプラント矯正
矯正用のインプラントを入れることによって矯正する方法です。抜歯をしなくてもできるかもしれません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.