ビューティ情報『着床出血を見分ける方法は?出血量や時期について詳しく知ろう』

着床出血を見分ける方法は?出血量や時期について詳しく知ろう

2016年10月29日 20:30
 

目次

・着床出血とは
・着床出血が起こる時期
・着床出血の特徴
・着床出血の見分け方
・着床出血がない場合
・着床出血は後から気が付くことがほとんどだそうです
着床出血を見分ける方法は?出血量や時期について詳しく知ろう

生理予定日前後に出血が起こる場合、妊娠して出血する「着床出血」の可能性があります。

ですがこの着床出血、生理との違いが見分けるのが難しいとも言われています。

妊娠待ちの方も、そうでない方も、妊娠の可能性があるなら知っておきたい着床出血について詳しくまとめました。

要チェック項目
□着床出血は受精卵が着床する際の出血や、ホルモンの影響によっておこります

□着床出血は多くの場合、生理予定日1週間前~予定日頃に起こる少量の出血です

□着床出血がない場合の方が多いと言われています

着床出血とは

妊娠初期症状の一つに「着床出血」というものがあります。これは医学的には「月経様出血」と言います。

名前の通り生理のような出血が起こる場合があるので、生理との区別がつきにくいと混乱してしまうようです。

では着床出血とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

着床出血の起こる仕組み
考えられる原因は2つあります。一つは、受精卵による組織融解説です。精子と卵子が受精すると、その受精卵は少しづつ子宮に移動します。数日かけて子宮に到着し、そこで子宮内膜にもぐりこんでいきます。

この時に子宮内膜を溶かすことで、中にある血管を壊します。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.