ビューティ情報『ジャネット・ジャクソン第一子を妊娠!50歳で迎える高齢出産について』

2016年10月13日 16:00

ジャネット・ジャクソン第一子を妊娠!50歳で迎える高齢出産について

目次

・自然妊娠の限界は何歳まで?
・50歳以上の高齢出産のメリットとリスク
・高齢出産可能な人と不可能な人の違い
・50歳以上の妊娠中の注意点
・50歳以上の高齢出産の分娩について
・50歳以上の高齢出産後に気をつけるケア
・50歳以上からはじめる子育て
・過去に高齢出産をおこなった芸能人
・医師からのアドバイス
ジャネット・ジャクソン第一子を妊娠!50歳で迎える高齢出産について

2016年10月12日(水)マイケル・ジャクソンさんの妹で、米ポップ歌手のジャネット・ジャクソンさんが第1子の妊娠を公表しました。

今年50歳になるジャネット・ジャクソンさんの高齢出産のニュースに、世界中からお祝いのメッセージが届けられておりました。

そこで今回は「50歳で迎える高齢出産」のメリットやリスクなどを、医師に解説をしていただきました。

自然妊娠の限界は何歳まで?

何歳までというより、月経が続いている限り理論的には可能です。また閉経後も卵子が卵巣の中に残っていれば、それを採卵して体外受精することは理論的には可能です。

また男性もそうですが、高齢になってからの生殖能力にはかなり個人差があります。

50歳以上の高齢出産のメリットとリスク

メリット
<経済的余裕>
子供を育てる環境を選べる選択肢が広がり、よい教育も受けさせられます。

<精神的余裕>
若年層に多い育児放棄などはまず起こらないと考えられます。

<人間的成長>
自分も子育てを通じて人間的に成長することができます。これは若年者でも同じですが、自分がある程度の大人になってからの成長する機会はめったにありませんが、そのチャンスになりえます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.