ビューティ情報『妊娠で知っておきたい胎嚢のこと 確認できるのは妊娠何週目?』

2016年11月11日 19:05

妊娠で知っておきたい胎嚢のこと 確認できるのは妊娠何週目?

目次

・胎嚢(たいのう)とは?
・胎嚢が確認されるまでのステップ
・週数ごとの胎嚢の大きさ
・胎嚢が見えない時は?
・胎嚢が小さい、形が悪い場合
・胎嚢確認は妊娠生活への第一歩です
妊娠で知っておきたい胎嚢のこと 確認できるのは妊娠何週目?

妊娠検査薬で陽性反応が出たらまずは産婦人科を受診するでしょう。

しかしそこで「胎嚢が見えない」「胎嚢が小さい」…なんてことを言われて一気に不安になってしまった…。

よくあることではありますが、とても心配になってしまいますね。

今回はそんな胎嚢について、詳しくまとめてみました。

要チェック項目
□胎嚢とは赤ちゃんを包む袋で、妊娠4週後半~5週目くらいには確認できます。
□妊娠初期の胎嚢の大きさは胎嚢最大径(cm)=妊娠週数-4という関係式が目安になります
□胎嚢が見えない、小さい、形が悪いという場合もありますが、心配ない場合もあります

胎嚢(たいのう)とは?

胎嚢とは、赤ちゃんを包む袋のようなもの。妊娠が成立すると作られ始め、小さな赤ちゃん(胎芽/たいが)がこの中で育ちます。

一般的には妊娠4週後半~5週目くらいには確認できるようですが、個人差や確認しづらいケースもあります。

初めて産婦人科に行ったけど、胎嚢が見えなかったから「また来週来てください」と言われた…というのもよくあることです。

胎嚢が大きくなるスピードは1日に約1mmほど。

妊娠初期の胎嚢の大きさは、妊娠7週目までは胎嚢最大径(cm)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.