ビューティ情報『困った妊娠中の頭痛に【いざというときに役立つ、薬以外の対処法5選】』

2016年11月26日 22:00

困った妊娠中の頭痛に【いざというときに役立つ、薬以外の対処法5選】

目次

・「妊娠中に頭痛が起こりやすくなる」5つの原因
・鎮痛剤は妊娠中に服用できる?
・妊娠中・5つの頭痛対処方法(薬以外)
・頭痛が危険な場合
・医師からのアドバイス
困った妊娠中の頭痛に【いざというときに役立つ、薬以外の対処法5選】

妊娠中に起こりやすい頭痛には、ズキズキと脈を打つような片頭痛や、締め付けられるような緊張型頭痛があります。
このような妊娠中に起こる頭痛の対策などについて、医師に詳しい話を聞いてみました。

「妊娠中に頭痛が起こりやすくなる」5つの原因

妊娠中には、頭痛が起こりやすくなる原因があります。

1.ホルモンの変動
ホルモン変動により頭皮や髄膜、脳周辺の血管が拡張します。

2.つわりの症状
つわりの一症状として頭痛が出る場合もあります。つわりが終わりかけるときに頭痛が出るという人も多いようです。

3.筋肉のコリ
妊娠中は、乳房やお腹が大きくなり、体に力が入るバランスが変わってきます。それにより、肩こりや首周辺、背中や腰回りの筋肉のコリが生じ、頭痛につながります。

4.便秘の影響
ホルモン変動や偏食、水分不足により便秘になり、それに伴って頭痛が起こります。

5.妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群の症状の一つとして血圧上昇とともに頭痛が起こります。

鎮痛剤は妊娠中に服用できる?

妊娠中でも、医師に相談のうえで使用できる鎮痛剤もあります。

1.NSAIDs(非ステロイド性解熱鎮痛剤)
ロキソニン、ボルタレン、バファリン、イブプロフェンなどの鎮痛剤は、NSAIDs(非ステロイド性解熱鎮痛剤)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.