ビューティ情報『6時間睡眠では十分に休息できていない…?短時間睡眠で集中力が持たない』

2016年10月27日 20:00

6時間睡眠では十分に休息できていない…?短時間睡眠で集中力が持たない

目次

・6時間睡眠では十分に休息できていない
・ベストな睡眠時間、3時間半で十分な人もいれば9時間以上必要な人も
・すっきり起きるために、自分の睡眠リズムを把握しよう
6時間睡眠では十分に休息できていない…?短時間睡眠で集中力が持たない


成人が1日に必要とする睡眠時間は約6〜7時間であることや、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)の睡眠周期がだいたい90分ごとであることなどは、すでにご存知だと思います。6時間眠れたならば、十分とは言わないまでも“眠れなかった”という感覚はなく、1日のパフォーマンスにも大きな支障を来たすことはなさそう…。みなさんも、そう思っているのでは?

しかし、この考え方は、大きく間違っている可能性があるのです。なんでもペンシルバニア大学の研究チームによると、「6時間睡眠の人の判断力レベルは、2日間連続で徹夜した人と大差がない」そうなのです…。

6時間睡眠では十分に休息できていない

ペンシルバニア大学の研究チームが上記結果を導き出したのは、「21〜38歳の48人を対象に、睡眠時間4時間、6時間、8時間、そして3日間完全徹夜の4グループに分け、2週間にわたり、2時間ごとに認知力と反応時間を測定する」という実験から。

8時間睡眠グループが最も優秀な成績を記録した点や、睡眠時間が少なくなるごとに成績が悪くなっていくという点は想定通りだったものの、「6時間睡眠グループが、実験開始から10日過ぎまではそれなりの結果を残していたにもかかわらず、ラスト3日間は、徹夜グループと変わらないほど能力が落ちてしまった」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.