ビューティ情報『安心できない乳がん治療後の再発 知っておきたい再発と生存率の関係』

2016年11月27日 18:30

安心できない乳がん治療後の再発 知っておきたい再発と生存率の関係

目次

・乳がんは再発するものなのか?
・乳がんの再発の可能性
・乳がんが再発した場合のリスクや生存率
・乳がんの再発を予防するためには
・もし乳がんを再発してしまったら
・手術が終わっても安心しないこと
安心できない乳がん治療後の再発 知っておきたい再発と生存率の関係

乳がんは症状が進行して重症化してしまうと、死亡率が高い恐ろしい病気ですが、初期に発見することができれば、手術により回復することも可能です。

ですが、一度手術して回復したら再発はしないのでしょうか?

今回は乳がんの再発や予防法についてご紹介します。

要チェック項目
□手術時にがん細胞を除去しきれないと再発する
□乳がんは10年たっても再発する可能性がある
□遠隔転移で再発すると生存率が著しく低下する

乳がんは再発するものなのか?

乳がんは早期発見の場合、治療することは難しくありません。日本でも毎年多くの乳がん患者を発見しておりますが、その多くが早期発見であり手術で回復しています。

がんは再発が怖い病気とも言われており、乳がんは再発する可能性が高いと知られています。

がん細胞が残っていると再発する
乳がんをはじめとするがんの手術においては、がん細胞を除去することで回復を促します。このがん細胞というのは、非常に小さな細胞です。

大きくなって固まっているものを除去したとして、治療完了と判断をしても、時に小さながん細胞が体内に残ってしまっていることがあります。

その小さな細胞が、再び活発になってがんが再発されてしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.