ビューティ情報『《溶連菌感染症2016》最新流行状況まとめ (症状・潜伏期間・治療法など)』

2016年11月8日 18:00

《溶連菌感染症2016》最新流行状況まとめ (症状・潜伏期間・治療法など)

目次

・溶連菌感染症とは
・溶連菌感染症の流行エリア・流行時期について
・溶連菌感染症の感染経路・潜伏期間
・溶連菌感染症の症状
・溶連菌感染症の検査方法
・溶連菌感染症の治療について
・溶連菌感染症になった際の登園や登校について
・溶連菌感染症の注意点
・最後に医師から一言
《溶連菌感染症2016》最新流行状況まとめ (症状・潜伏期間・治療法など)

2016年10月末、溶連菌感染症の本格的な流行が報告されました。

冬の時期は感染のピークを迎えますが、特に子供に多く感染が見られるため、保育園・幼稚園・学校などでは特に警戒が必要です。

今回は、2016年度における溶連菌感染症の最新の感染流行エリア状況や、気になる症状などを医師に解説していただきました。

溶連菌感染症とは

溶連菌感染症とは、溶連菌が原因となり急性咽頭炎や扁桃炎を起こす感染症のことです。世間一般ではこの名称で呼ばれていますが正式にはA群β溶血性レンサ球菌咽頭炎といいます。

溶連菌感染症の流行エリア・流行時期について

《溶連菌感染症2016》最新流行状況まとめ (症状・潜伏期間・治療法など)

現在の流行エリア
北海道、山形県、鳥取県などで感染が広がっております。
(※ 2016年10月末時点)

流行時期
・冬
・春~夏

上記、2つの時期に感染者が増えますので要注意です。

溶連菌感染症の感染経路・潜伏期間

感染経路
飛沫感染と言って、感染者のくしゃみや咳などで飛び散る飛沫を、感染していない人が口などから吸いこむことで感染します。

潜伏期間
潜伏期間は2~5日が一般的です。

溶連菌感染症の症状

《溶連菌感染症2016》最新流行状況まとめ (症状・潜伏期間・治療法など)

発熱
突然の発熱によって発症します。38度以上となることが多いですがない場合もあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.