ビューティ情報『【医師解説!】子宮外妊娠について、正しい知識を教えて!』

2016年12月10日 22:00

【医師解説!】子宮外妊娠について、正しい知識を教えて!

目次

・子宮外妊娠とは
・子宮外妊娠はいつわかる?
・子宮外妊娠になりやすいのは、どんな人?
・子宮外妊娠だと診断されたら…!
・医師からのアドバイス
【医師解説!】子宮外妊娠について、正しい知識を教えて!

子宮内膜でしか育たないといわれる受精卵が別の箇所に着床してしまった状態を子宮外妊娠といいます。子宮外妊娠になると、どうなってしまうのでしょうか?
今回は子宮外妊娠について、医師に詳しい話を聞いてきました。

子宮外妊娠とは

子宮外妊娠とは、通常は子宮内膜に着床すべき受精卵が、何らかの原因で子宮内膜ではないところに着床してしまうものです。子宮外妊娠で受精卵が着床する場所は、ほとんどが卵管で、まれに腹膜、卵巣、子宮頚管などの場合もあります。

子宮外妊娠の状態になると、まず正常妊娠と同じように妊娠反応が陽性となります。本来着床すべき子宮内膜ではないところで受精卵が成長し始めるので、妊娠6週ごろから腹痛や不正出血などがあらわれ始めます。そのまま放置すると、卵管が破裂し死亡に至る場合もあります。

子宮外妊娠はいつわかる?

妊娠していることがわかってから早期に産科を受診していれば、多くの場合6週目頃には赤ちゃんの入っている胎嚢を超音波検査で確認します。子宮外妊娠であれば、胎嚢が子宮内膜にみられない、といったことで気づくことができます。

子宮外妊娠になりやすいのは、どんな人?

妊娠する可能性があれば、だれでも子宮外妊娠をする可能性もありますが、特にリスクの高いのは、
・性感染症や子宮内膜症などの既往があり、卵管内が癒着している場合
・避妊具のIUDを子宮内に入れている場合
・人工妊娠中絶の既往がある場合
とされています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.