ビューティ情報『リンパ節転移の乳がんって危険なの? 患った場合の向き合いかた』

2017年4月28日 20:30

リンパ節転移の乳がんって危険なの? 患った場合の向き合いかた

目次

・女性のがん死亡原因1位の乳がん
・乳がんがリンパ節に転移していた場合
・乳がんの治療後の5年生存率
・乳がんの再発と転移
・乳がんの最新治療
・既にリンパ節へ転移してしまった乳がんでも希望は捨てずに
リンパ節転移の乳がんって危険なの? 患った場合の向き合いかた

12人に1人が罹患すると言われ、女性の死因1位の乳がん。もし乳がんと診断されても最近の医療では希望が持てます。

最新の治療方法に加え、個々の症状に合った治療方法で快方に向かうことができます。

もし「リンパ節に転移していたら」と不安になり目の前が真っ暗になってしまいがちですが最善の治療方法で希望が持てます。

女性のがん死亡原因1位の乳がん

現代女性の12人に1人が乳がんを患う時代
芸能界でも乳がんを患ったというニュースが最近多くなってきましたね。

ひと昔前まではこんなにも乳がんにかかったという報道を耳にしなかったように思うのですが、最近では多くの女性芸能人が闘病する時代となっています。

いまや女性の12人に1人の割合で罹っています。乳がんに限らずどのがんにも言えます。

定期健診で早期発見することが大切
定期健診で早期発見することで生存率も高くなり、身体への負担も最小限にすることが出来ます。

今まで乳がん検診を受けた事がない人にとってはマンモグラフィーや超音波検診することにためらいがちですが、時間もさほどかからず検査することができます。

マンモグラフィーが確実に早期発見できそうなイメージがありますが、乳腺が発達している20代、30代の方にとってはそうでもなく、超音波検査の方が効果的という見方もあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.