ビューティ情報『【予防と対策】「妊娠糖尿病」について、知っていますか?』

2016年12月18日 22:00

【予防と対策】「妊娠糖尿病」について、知っていますか?

目次

・「妊娠糖尿病」とは
・妊娠糖尿病の症状
・赤ちゃんに及ぼす影響やリスクは?
・妊娠糖尿病を予防するには
・妊娠糖尿病だと診断されたら
・医師からのアドバイス
【予防と対策】「妊娠糖尿病」について、知っていますか?

「妊娠糖尿病」についてご存知でしょうか?妊娠糖尿病は、実は約1割の妊婦のかたに発症するとわれています。
今回は、妊娠糖尿病について、医師に詳しい話を聞いてきました。

「妊娠糖尿病」とは

妊娠糖尿病は、妊娠前には糖尿病ではなかった妊婦さんが妊娠して初めて糖代謝異常が発見された場合を指します。軽度で、通常は産後に元通りになります。ただし、産後に糖尿病を発症しやすくなるといわれています。

妊婦のかたの約1割以上がかかるとされ、珍しいものではありませんが、やはり意識してかからないように予防していくこと、かかってしまったら最大の注意を払ってコントロールしていくことが大切です。

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病は、自覚症状がまったくないケースも多くみられます。通常の糖尿病の発症時と同様に、
・喉が渇いて飲み物を飲む量・頻度が増える
・排尿の頻度が増えたりする
といった症状があらわれることがあります。

ただ、これは妊娠によって起こる現象でもあるので、区別がつきづらいでしょう。

赤ちゃんに及ぼす影響やリスクは?

妊娠糖尿病が悪化した場合、以下のようなリスクがあります。

・流産や早産を引き起こしやすくなる
・妊娠高血圧症候群などを起こしやすくなる
・赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になることがある
・赤ちゃんが出生後低血糖を起こすことがある
・赤ちゃんに新生児高ビリルビン血症があらわれることがある
・先天的な障害があらわれることがある

妊娠糖尿病を予防するには

妊娠糖尿病にならないための最大の注意点として
1.つわりが終わって食欲が出てきたとき、特に食べ過ぎないように気を付ける
2.常に体重を意識する
といったことが挙げられます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.