ビューティ情報『嘔吐や下痢続く「胃腸風邪」の治し方』

2017年1月7日 22:00

嘔吐や下痢続く「胃腸風邪」の治し方

目次

・胃腸風邪の原因
・胃腸風邪にかかったら、病院に行くべき?
・自宅での過ごし方
・医師からのアドバイス
嘔吐や下痢続く「胃腸風邪」の治し方

胃腸に症状があらわれる、流行しやすい風邪を俗に「胃腸風邪」と呼びます。
この胃腸風邪をにかかったら、どのように対処すればいいのか、医師に詳しい話を聞いてきました。

胃腸風邪の原因

胃腸風邪も病原性を持つ微生物が原因ですが、体のどこで増殖しやすいかは、微生物により異なります。食品や汚染した手などに病原体が付着して、口から入り胃腸に取り付く病原体は、胃腸炎、胃腸風邪を引き起こします。

胃腸風邪を引き起こす病原体としては、
・ノロウイルス
・ロタウイルス
・アデノウイルス
・カンピロバクター
・ビブリオ
などが有名です。

しかし、はっきり病原体が原因とは特定できないことが多いようです。一般的にウイルスが原因の場合は比較的短期間で治癒し、細菌が原因の場合は強い腹痛や血便を伴い重症・長期化する傾向があります。

胃腸風邪にかかったら、病院に行くべき?

原因によって症状は様々ですが、腹痛、下痢、嘔吐、発熱などが主症状です。
症状がひどく、以下のような場合は消化器内科受診を検討してください。
・激しい下痢、嘔吐、強い腹痛がある場合
・症状が長引き、つらい感じが強い場合

また、医療機関に出向く際、待合室で嘔吐したりトイレを使用してほかの患者に感染拡大させるリスクを減らすために、受診前に電話であらかじめ症状を伝えましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.