ビューティ情報『赤ちゃんの鼻づまりについて教えて!』

2017年1月14日 22:00

赤ちゃんの鼻づまりについて教えて!

目次

・赤ちゃんが鼻づまりしやすい理由は?
・鼻くそはとってあげたほうがいい?
・鼻水がかめない赤ちゃんの鼻水対策は?
・鼻水で疑いのある病気・アデノイド
・鼻水からの中耳炎に注意!
・医師からのアドバイス
赤ちゃんの鼻づまりについて教えて!

冬の間、小さなお子さんは常に鼻水を垂らしていますよね。薬を飲んでも劇的によくなるわけでもなく、治ったと思ったらすぐにぶり返し、子どもは何故こうもすぐに鼻づまりを起こしてしまうのか、不思議に感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、赤ちゃんや幼児の鼻づまりにいて、医師に解説していただきました。

赤ちゃんが鼻づまりしやすい理由は?

通常、大人でも風邪などで鼻粘膜が腫れたり、鼻水が出ると鼻づまりを起こしますが、赤ちゃんや幼児が鼻づまりしやすい原因としては、以下の点があげられます。

・鼻の中が狭い
・生後しばらくは鼻毛がない
・自分で鼻をかむことができない
・上記理由により大きな乾いた鼻くそが詰まりやすい

鼻くそはとってあげたほうがいい?

赤ちゃんや幼児の鼻から、「信じられないくらい大きな鼻くそが出てきて驚いた!」というママやパパは多いものです。乾いた鼻くそがよく出るようであれば、空気が乾燥していたり空気中にホコリや汚れが多い状態かもしれません。換気や掃除をしてホコリを減らし、空気清浄器や加湿器を使用するのもよいでしょう。
鼻の穴を覗いてみて、鼻くそが近くに見えるようなら、細いベビー綿棒で取ってみてもよいでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.