ビューティ情報『ピルがニキビ治療に使われることがあるって本当?』

2017年1月8日 20:00

ピルがニキビ治療に使われることがあるって本当?

目次

・ホルモンとニキビの関係
・ピルの種類
・ピルを服用するルール
・ピルの副作用
・医師からのアドバイス
ピルがニキビ治療に使われることがあるって本当?

ピルといえば避妊、あるいは生理痛、生理不順に対し婦人科などで処方してもらう薬として知られています。最近、このピルがニキビの改善に効果的だという評判があるようです。

今回は、ピルがニキビにどのように作用するのか、医師に聞いてきたお話をお伝えします。

ホルモンとニキビの関係

ピルには「エストロゲン」「プロゲステロン」という、妊娠時に多く産生される女性ホルモンが含まれていて、生理周期を調整します。

通常の生理周期では、月経前に「男性ホルモン」が一時的に作用してくる時期があります。しかし、ピルのホルモンによって、男性ホルモンの作用を抑えることができるのです。

実は青少年のニキビの多くは、アクネ菌などが原因ではなく、男性ホルモンの影響で皮脂分泌を過剰にしてしまうことが原因であることが多くなっています。そのため、ピルを定期的に内服し、男性ホルモンを抑制する効果により、ニキビを減らすことができるとされています。

ピルの種類

ピルには様々な種類が存在していて、エストロゲン、プロゲステロンの種類で分類することができます。
プロゲステロンは、皮脂を分泌する作用を少なからずもっているため、このプロゲステロンの作用が少ないものを使用した方が、ニキビ対策としてはよりよいでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.