ビューティ情報『生理前の肌荒れを改善する【3つの生活習慣】』

2017年2月19日 20:00

生理前の肌荒れを改善する【3つの生活習慣】

目次

・生理前にニキビができやすい場所は?
・生理前に肌荒れしやすい原因・メカニズム
・生理前の肌荒れによくない食べ物
・生理前の肌荒れを予防する、3つの生活習慣
・医師からのアドバイス
生理前の肌荒れを改善する【3つの生活習慣】

生理前に肌荒れが起きてしまう人は多いでしょう。この肌荒れは、どのようなメカニズムで起こってしまうのでしょうか?
今回は、生理前に肌荒れが起きてしまう原因と、それを改善する生活習慣について、医師に話を聞いてきました。

生理前にニキビができやすい場所は?

生理前のニキビは基本的にどこにでもできますが、頬やあご、口の周囲などにニキビができやすいというかたが比較的多いようです。

生理前に肌荒れしやすい原因・メカニズム

1.毛穴が詰まりやすくなる
排卵後から生理までの時期、いわゆる生理前には、黄体ホルモンの分泌量が増加することで皮脂の分泌が盛んになり、毛穴に皮脂やその他の汚れが詰まりやすく、ニキビや吹き出物が出やすくなることがあります。

2.紫外線に敏感になる
黄体ホルモンの分泌増加の影響によって、日光などの紫外線にも普段以上に敏感になって、シミができたりそばかすができたりすることが多くなります。

3.スキンケアがおざなりになる
生理が近づくと、肉体的なだるさや気分の落ち込みで、スキンケアがおざなりになりがちです。生理前はただでさえお肌の調子が悪く、スキンケアの効果も上がりにくいので、面倒になってしまうということもありますね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.