ビューティ情報『マスクが原因でニキビが! ニキビを作らないマスクの選び方&スキンケア』

2017年2月19日 19:00

マスクが原因でニキビが! ニキビを作らないマスクの選び方&スキンケア

目次

・マスクでニキビができる原因
・マスクでニキビ以外に懸念される肌の症状
・マスクでニキビが悪化する顔の部位
・ニキビを悪化させないマスクのつけ方・選び方
・ニキビを悪化させないスキンケア方法
・最後に医師から一言
マスクが原因でニキビが! ニキビを作らないマスクの選び方&スキンケア

2月もそろそろ後半に差し掛かり、春が近づいてきましたが、気になるのが花粉症ですね。

これからの時期は毎日マスクなんて方もいらっしゃると思いますが、実はこのマスクがニキビの原因になるそうなのです。

今回はマスクでニキビができる原因、ニキビを悪化させないマスクのつけ方・選び方 、スキンケア方法を医師に解説していただきました。

マスクでニキビができる原因

マスクが原因でニキビが! ニキビを作らないマスクの選び方&スキンケア

蒸れ
マスクをしていることでお肌の蒸れが発生し、マスクをしている部分に雑菌が繁殖しやすくなるという側面があります。

また、同時に湿度も温度も高くなることで汗をかいたり、皮脂の分泌も増えたりしてニキビのできやすい環境を作ってしまうということも考えられます。

摩擦
マスクをしていると、どうしてもそのマスクと接している皮膚の部分に摩擦が発生します。

また、マスクと接している部分である、口の周囲や顎のラインなどはもともとニキビの発生しやすいデリケートな部位でもあります。

その部位にマスクを着用することによって、お肌の表面をこすって細かい傷をつけることでバリア機能が低下してしまい、反応的に皮脂の分泌が増えたり、毛穴のつまりが発生したりして、ニキビができやすくなるといったケースが考えられます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.