ビューティ情報『歯周病で糖尿病の悪化も…糖尿病の人が歯の治療で注意すべき3つの点』

2017年3月26日 17:00

歯周病で糖尿病の悪化も…糖尿病の人が歯の治療で注意すべき3つの点

目次

・歯周病と糖尿病リスクの関係性
・歯科で糖尿病をチェックはできる?
・糖尿病の人が歯の治療を受ける際の注意事項
・歯周病予防に有効なガムの選び方・噛み方
・歯に悪影響を与えるガムの選び方・噛み方
・最後に彦坂先生から一言
歯周病で糖尿病の悪化も…糖尿病の人が歯の治療で注意すべき3つの点

歯周病と糖尿病の関係と聞いても、あまり関連性はなさそうに思えます。

しかし、歯周病と糖尿病は双方向に関連し、併発してしまうと、悪化してしまうことがあるようですが、本当なのでしょうか?

今回は歯周病と糖尿病リスクの関係性から、歯の治療を受ける際の注意事項などを歯科医師の彦坂先生に解説していただきました。

歯周病と糖尿病リスクの関係性

歯周病で糖尿病の悪化も…糖尿病の人が歯の治療で注意すべき3つの点

歯周病と糖尿は密接に関係しており、糖尿病があると歯周病が悪化しやすかったり、歯周病になりやすくなることは以前から言われていました。

最近では、歯周病になると糖尿病のリスクがぐんと上がり、糖尿病が悪化しやすいことも報告されており、 医科と歯科の連携が必要な分野として注目されています。

糖尿病の人は必ず歯科医院に行き、重点的な歯のクリーニングと、定期的な歯周病検査や治療が必要で、生活習慣の改善に加え歯周病治療を行うことで、糖尿病改善が見込めるということです。

《参照》
・The New York Times

歯科で糖尿病をチェックはできる?

歯周病で糖尿病の悪化も…糖尿病の人が歯の治療で注意すべき3つの点

歯科医院でも血液検査を行うことが出来るため、可能と言えますが、基本的には内科への紹介状を書いてチェックしてもらう形になります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.