ビューティ情報『人工乳房で希少がんリスクと死亡例が報告 懸念される5つの副作用【米 研究】』

2017年3月23日 21:00

人工乳房で希少がんリスクと死亡例が報告 懸念される5つの副作用【米 研究】

人工乳房の主な使用目的

人工乳房で希少がんリスクと死亡例が報告 懸念される5つの副作用【米 研究】

美容整形
乳房の形や、位置を修正するための豊胸手術に使用されます。

乳がん乳房再建
乳がんで自分の乳房を失った場合の乳房再建に使用します。

乳房再建を行った人からは、喪失感がなくなり自信が取り戻せるといった、ポジティブな感想が多いとされています。

人工乳房の手術

人工乳房で希少がんリスクと死亡例が報告 懸念される5つの副作用【米 研究】

手術内容
全身麻酔をし、脇の下、もしくは乳房の下を切開し、そこから乳房の裏側にスペースを作ります。

インプラントを肋骨と大胸筋の間、もしくは乳腺と大胸筋の間などに入れ込みます。

費用
現在ではインプラントによる乳がんの乳房再建の場合は保険適応となり、自家組織による手術と合わせていずれも健康保険を使用することができるようになっております。

インプラントによる乳房再建の費用は片側100万円程度でしたが、現在は健康保険の適用により30万円程度で受けられると考えられます。

なお、豊胸手術や美容整形手術は自費診療です。

人工乳房の術後リスク・副作用

人工乳房で希少がんリスクと死亡例が報告 懸念される5つの副作用【米 研究】

見た目の不満足
乳房が思い通りの形、大きさにならなかったり、年月が経つと左右のバランスが崩れてきたりということもあります。

乳房の形は立ち上がった時と横になった時で違うのが普通ですが、ご自身の胸の形に合ったインプラントを選ばないと不自然な形になることがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.