ビューティ情報『歯ブラシが当たるだけで痛い!「知覚過敏」を改善するには?』

2017年5月28日 21:00

歯ブラシが当たるだけで痛い!「知覚過敏」を改善するには?

目次

・知覚過敏が起こるメカニズム
・知覚過敏の原因と対策
・知覚過敏が自然と治ることはあるの?
・歯科医師からのアドバイス
歯ブラシが当たるだけで痛い!「知覚過敏」を改善するには?

ブラッシングをしているときに、歯ブラシの毛先が当たった歯に痛みを感じたり、水がキーンとしみたりすることはありませんか?

もしかしたら、それは「知覚過敏」かもしれません。なぜ知覚過敏になってしまうのでしょうか?

今回は、知覚過敏のメカニズムや改善方法について、歯科医師に詳しい話を聞いてきました。

知覚過敏が起こるメカニズム

歯の表面はエナメル質で覆われ、その下には象牙質(ぞうげしつ)があります。
象牙質は「象牙細管(ぞうげさいかん)」という細い管の束で構成されていて、内側にある歯の神経とつながっており歯に受ける刺激を伝達する働きがあります。

知覚過敏は、なんらかの原因によりエナメル質が傷つき象牙質が露出してしまい、外からの刺激が象牙細管から歯の神経に伝わることで生じます。

知覚過敏の原因と対策

ブラッシング
特に、歯ブラシをするときに力が入りやすい犬歯や小臼歯(しょうきゅうし)の頬側の歯と歯肉の境は知覚過敏が発生しやすいところです。

■対策
歯ブラシの毛先は優しく丁寧に動かすことを心掛けて下さい。かための歯ブラシを使用したり、強圧で磨く癖があると、歯の表面のエナメル質がすり減ったり、欠けたりします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.