ビューティ情報『精油で女性ホルモンが増える!? 更年期障害の緩和も期待【最新研究】』

2017年4月29日 17:00

精油で女性ホルモンが増える!? 更年期障害の緩和も期待【最新研究】

目次

・最新研究の解説
・医学的にみたアロマテラピーの効果
・精油が身体に与える影響
・女性ホルモン量の増減で起こるカラダの変化
・香り以外で女性ホルモンを高める方法
・イソフラボンの摂取における注意点
・最後に医師から一言
精油で女性ホルモンが増える!? 更年期障害の緩和も期待【最新研究】

アロマテラピーはリラクゼーションや趣味として楽しむもの、というイメージがありますよね。

しかし、2017年3月31日に長崎大学大学院が最新研究を発表し、精油の吸入が女性ホルモンに影響あたえるものとして報告しています。

今回はこの研究結果を踏まえて、アロマテラピーの効果や香りと女性ホルモンについて、医師に詳しく解説していただきました。

最新研究の解説

精油で女性ホルモンが増える!? 更年期障害の緩和も期待【最新研究】

研究背景
アロマテラピー(アロマセラピーとも)はヨーロッパや中東で生まれた民間療法ですが、1990年代以降世界的に普及し、日本でもリラクゼーション方法の1つとして人気があります。

しかし、医学的にその効果は検証されているとは言えません。今回、長崎大学から発表された研究では、更年期障害の症状を和らげるのにどのような精油が有効かを検証しています。

研究内容
40代の女性15人に10種類の精油を20分間吸入してもらい、吸入の前後で唾液中のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)の濃度を測定しました。

・クラリセージ
・フランキンセンス
・ゼラニウム
・ラベンダー
・ジャスミン
・ネロリ
・ローズオットー
・イランイラン
・オレンジ
・カモミール

研究結果
ローズオットーとゼラニウムでエストロゲン濃度の増加が観察されました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.