ビューティ情報『【2017年 黄砂最新情報】飛来予測と黄砂アレルギー対策まとめ』

2017年5月10日 21:00

【2017年 黄砂最新情報】飛来予測と黄砂アレルギー対策まとめ

目次

・2017年 黄砂最新情報
・黄砂現象とは
・黄砂の予測方法
・黄砂アレルギーとは
・黄砂アレルギーの症状
・黄砂アレルギーの予防対策
・編集部より一言
【2017年 黄砂最新情報】飛来予測と黄砂アレルギー対策まとめ

スギ花粉のピークがやっと過ぎ去ったと思ったら、今度は黄砂が飛来...。この黄砂のピークは5月までと言われています。そして、黄砂に付着した有害物質PM2.5も飛来する、という情報も。

今回は、この黄砂とアレルギーについて、最新情報を踏まえながら詳細をまとめてみました。

2017年 黄砂最新情報

黄砂の飛来状況
2017年5月7日の気象庁予報部の発表では、西日本から北日本の広い範囲で黄砂が観測されており、7日は西日本から北日本の広い範囲で、8日は西日本中心に黄砂が飛来する、とありました。(参考)

そして、9日は北海道、福岡でやや多く、週末には福島や東京、新潟で多くなるようです。黄砂のピークは5月までと言われているので、それまでは、洗濯物は部屋干し、外出時にはマスク着用を心がけて行きたいですね。

黄砂予測図
【2017年 黄砂最新情報】飛来予測と黄砂アレルギー対策まとめ

黄砂予測図では、地表付近の黄砂の濃度を、黄砂の数値予報モデルに基づく予測図で表示します。

(出典:気象庁)

PM2.5の濃度も高くなる
【2017年 黄砂最新情報】飛来予測と黄砂アレルギー対策まとめ

【2017年 黄砂最新情報】飛来予測と黄砂アレルギー対策まとめ

PM2.5は粒子が非常に小さいので、比較的粒子が大きい黄砂の予報とは別物と言われています。これは、小さい粒子ほど、地表付近まで落下するのに時間がかかるなどの理由からです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.