ビューティ情報『【小林麻央 退院準備】鎖骨下血管に点滴用ポート埋め込み手術を報告』

2017年5月12日 17:00

【小林麻央 退院準備】鎖骨下血管に点滴用ポート埋め込み手術を報告

目次

・点滴用のポートとは?
・点滴用ポートのメリット・デメリット
・点滴用のCVポートの埋め込み方(手術方法)
・腕から点滴している時との活動の幅の違い
・在宅治療と病院での治療との違い
・最後に医師から一言
【小林麻央 退院準備】鎖骨下血管に点滴用ポート埋め込み手術を報告

在宅治療に向けて、鎖骨下血管に点滴用ポートを埋め込む手術をしたことを、2017年5月11日に自身のブログで発表した乳がん闘病中の小林麻央さん。
腕の静脈への点滴用ルートと皮膚の下に埋め込む点滴用ポートの違いを、医師に解説していただきました。

点滴用のポートとは?

【小林麻央 退院準備】鎖骨下血管に点滴用ポート埋め込み手術を報告

心臓に帰ってくる静脈血が、心臓に入る直前に通る血管を中心静脈と言います。

ここに直接薬を入れるために、肩のあたりや腕の皮膚の下に太いチューブを入れておき、点滴する時にはそのチューブめがけて短い針を刺すようにすることがあります。
これをCVポート、もしくはリザーバーと言います。

一般的な静脈への点滴は
静脈内に液体や薬を入れるための点滴をするのに、普通は腕の血管にプラスチックの細い針を刺して点滴します。しかし、難点もあります。

■ 4日おきに刺し直しが必要
腕の血管は細くもろいため、長く点滴をしていると液体が針孔から漏れて周囲に腫れや炎症が生じることがあり、通常4日おきぐらいに違う場所に針を刺しなおします。

針孔は自然にふさがりますが、点滴が長期に及ぶと、だんだん刺す場所がなくなってきますし、もともと血管が見えにくく刺せる場所が少ない方もおられます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.