ビューティ情報『歯周病の中でも症状が重い「歯槽膿漏」にならないためのケアとは?』

2017年6月17日 20:00

歯周病の中でも症状が重い「歯槽膿漏」にならないためのケアとは?

目次

・歯槽膿漏とは?
・歯周病の検査
・重度の歯周炎の症状とは
・歯周炎になる原因
・歯周病を進行させる生活習慣
・歯周病になった場合のセルフケア
・歯科医院での治療
・最後に歯科医師から一言
歯周病の中でも症状が重い「歯槽膿漏」にならないためのケアとは?

「歯槽膿漏」は、歯周病の中でもかなり症状が重い状態だそうです。
そんな歯槽膿漏になる前に、歯周病の進行を止める方法はあるのでしょうか? また、歯周病を予防する方法はあるのでしょうか?

今回は、歯周病のケアについて、歯科医師に詳しい話を聞いてきました。

歯槽膿漏とは?

歯周病の中でも、歯肉からの出血や腫れなどの炎症がある歯肉炎の炎症がさらに進むと、歯周ポケットが深くなって歯を支える骨である歯槽骨にまで炎症が及んでしまいます。こうした症状は歯周炎あるいは「歯槽膿漏」と呼ばれ、かなり重い症状といえるでしょう。

もし、ポケットが浅くても出血があれば炎症があり、また歯周ポケットが深くても出血がなければ状態が安定している考えられます。

歯周病の検査

歯周病の状態や進行を知るために、歯周ポケットを測定する検査があります。

・歯周ポケットは、成人で2〜3ミリが正常
・4ミリ以上になると、歯周病
・重度といわれるものは6ミリ以上ある

この検査で歯周病が、全体に及んでいるのか、部分的なものなのかもわかります。

重度の歯周炎の症状とは

歯周炎が重度になると以下のような症状が出てきます。

・深い歯周ポケットから出血したり膿が出ることがある
・口臭の原因になることもあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.