ビューティ情報『【小林麻央さん 顎にがん転移】気になる症状とリスクを医師が解説』

2017年5月29日 22:00

【小林麻央さん 顎にがん転移】気になる症状とリスクを医師が解説

目次

・がんの転移とは
・転移したがんの治療
・乳がんの転移について
・がんが顎へ転移した場合の症状
・がんの転移を調べる検査方法
・最後に医師から一言
【小林麻央さん 顎にがん転移】気になる症状とリスクを医師が解説

2017年5月28日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、乳がん闘病中の妻である小林麻央さんの顎に、がんが転移していることを公表しました。(参考)

今回は、がんが顎に転移した場合の症状や、乳がんにおける転移のリスクなどを、医師に詳しく解説していただきました。

がんの転移とは

【小林麻央さん 顎にがん転移】気になる症状とリスクを医師が解説

がん細胞が血液の流れやリンパ液の流れに乗って全身に流れていき、何かのきっかけで元の臓器(原発巣)以外の臓器に住み着き、そこで増殖することを指します。

転移しやすい臓器
基本的にどのがんであっても、全身どこの臓器にでも転移する可能性を秘めていますが、以下は転移先になりやすいとされる臓器になります。

・原発巣に位置的に近い臓器
・原発巣を通る血液やリンパ液が次に通る臓器
・血流が多くて全身の血液が通るような臓器

転移したがんの治療

【小林麻央さん 顎にがん転移】気になる症状とリスクを医師が解説

がんが転移した場合のステージとは?
がんが他の臓器に転移した場合、がんのステージとしてはⅣ期となり、一部の例外を除くと、完治することは難しいということになります。

転移巣の治療を行うケース
転移先の臓器の状態によっては、転移巣の治療を行うことがあります。

■ 首の骨への転移
がんが首の骨に転移すると、骨の一部が弱くなって折れやすくなりますが、骨折した場合には脊髄や神経が傷ついて麻痺や痛みが生じることがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.