ビューティ情報『【小林麻央さん 在宅医療に切り替えへ】治療内容と準備しておく環境とは?』

2017年6月1日 19:00

【小林麻央さん 在宅医療に切り替えへ】治療内容と準備しておく環境とは?

目次

・在宅医療とは
・在宅医療の目的
・在宅医療が必要な疾患や症状
・在宅医療で家族が準備しておく環境
・在宅医療の内容
・予測される小林麻央さんの在宅医療とは?
・在宅医療で注意する点
・最後に医師から一言
【小林麻央さん 在宅医療に切り替えへ】治療内容と準備しておく環境とは?

2017年5月29日、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さんが、在宅医療に切り替えたことを自身のブログにて公表しました。(参考)

病院での治療と在宅での治療では、どのような違いがあるのでしょうか。
また在宅医療の際、家族はどのような役割を果たすのでしょうか。

今回は、在宅医療について医師に詳しく解説していただきました。

在宅医療とは

【小林麻央さん 在宅医療に切り替えへ】治療内容と準備しておく環境とは?

医師や看護師が患者の自宅を訪問し、医療行為を行うことを言います。

往診は患者からの要請があるたびに行われますが、在宅医療では定期的に訪問を行います。

在宅医療の目的

【小林麻央さん 在宅医療に切り替えへ】治療内容と準備しておく環境とは?

患者が住み慣れた自宅でリラックスし、家族とともに生活しながら療養できることです。

また、病床や医療従事者の不足のため、通院ができない患者に対し、すべての医療行為を入院で行うわけにはいかないという理由もあります。

在宅医療が必要な疾患や症状

【小林麻央さん 在宅医療に切り替えへ】治療内容と準備しておく環境とは?

患者の年齢・疾患は様々ですが、代表的的なものは以下が挙げられます。

■ 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
■ 脳梗塞後などの神経疾患
認知症
■ 慢性呼吸不全、心不全、腎不全、肝不全などの臓器の働きが落ちた状態(人工呼吸を装着している状態も含む)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.