ビューティ情報『3Dプリンターで作った卵巣でマウスが出産!? 不妊治療への応用も期待』

2017年6月10日 21:00

3Dプリンターで作った卵巣でマウスが出産!? 不妊治療への応用も期待

目次

・最新研究の解説
・卵巣の役割
・人工卵巣ができた場合に期待できること
・3Dプリンターで作れる可能性がある臓器とは?
・最後に医師から一言
3Dプリンターで作った卵巣でマウスが出産!? 不妊治療への応用も期待

2017年5月、米研究チームが3Dプリンターで人工卵巣を作り、マウスに移植させて出産を成功させていたことが分かりました。(参考)

今回の研究で、妊娠に悩む女性にとってどのようなことが期待ができ、今後3Dプリンターは医学にどのように応用されていくのでしょうか?

最新研究を踏まえ、女性の卵巣や3Dプリンターによる医療事情などを医師に詳しく解説していただきました。

最新研究の解説

3Dプリンターで作った卵巣でマウスが出産!? 不妊治療への応用も期待

研究背景
がんの治療として化学療法(抗がん剤治療)を受けたり、卵巣周辺に放射線治療を受けると、卵巣機能が低下し、女性ホルモンが出なくなり、早発閉経や不妊につながることが知られています。

若くしてがんになった女性患者さんにとっては深刻な問題です。

今までにも、以下が行われてきましたが、女性ホルモンが出ないという問題の解決にはならず、一度に取り出せる卵子の数にも限界がありました。

■ 体外受精
治療を受ける前に卵子を取り出して凍結保存しておき、後で精子とかけ合わせて受精させて子宮に戻す方法。

■ 卵子凍結
卵巣そのものを取り出して凍結しておき、後で卵子を取り出すという方法。

研究内容
将来の妊娠のために卵子を保存し、かつホルモンを出す機能も回復させる方法の開発のために、アメリカの研究チームは3Dプリンターを使ってスポンジ状の含水ゲルを作り、その中にマウスの卵胞を入れました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.